フランクの ~早期退職~ ビフォー・アフター

・・・・・ライフプラン、ファイナンス活動により、「悠々自適」を目指す! ~早期退職を決行して「何とか自適」生活を送っているフランクの退職前・後のこまごました奮闘状況を書いて行きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

生命保険業界から朗報!!

~ 予定利率21年ぶりに引き上げ ~

1月15日、最大手の日本生命が「一時払い型保険」の予定利率を0.05~0.1%引き上げることを明らかにした。一時払い養老と年金が現行の1.0%から1.1%、終身保険が1.25%から1.3%に引き上げられる。1985年4月以来約21年ぶりの引き上げとのことで、この引き上げで顧客が支払う保険料は約1%下がる見通しとのこと。(分割払い型の予定利率は今回対象ではないので注意が必要です)

わずかばかりの予定利率の引き上げであるが、私たちにとっては久しぶりの朗報であります。思えば私が一時払い型年金保険を購入したのは1987年と1988年でしたから、絶頂期に購入したことになります。当時の利率は6%以上だったので、改めてそのありがたみを感じます。

2~3年前には「逆ザヤ」が増えたため、保険会社が将来的に破綻する可能性が出てきたということで、それを避けるため確定していたはずの予定利率を途中で変更(引き下げ)してもよいという法律が通ってしまって、年金保険を当てにしている私たちにとって大きな不安材料になりました。でも、さすがに実際に予定利率を引き下げた保険会社は今のところありません。熾烈な競争をしている保険会社にとって、引き下げることによる信用の喪失、顧客への悪印象を極力避けるため、内部努力の徹底を図ったことが引き下げに至らなかった要因と思われます。

この引き上げは当然他の保険会社も追随すると考えられます。これに伴って、将来予定利率を引き下げられるようなことは考えにくくなりますが、絶対に引き下げが出ないとも限りませんので今後も注意が必要です。

バブル崩壊後、長期間続いている株安、ゼロ金利という我々にとって最悪の環境が、今回の予定金利引き上げで好環境に変わっていくことを期待したいと思います。

最近の景気回復を背景に保険会社の顧客獲得競争(特に団塊世代の退職金狙い)も加わって、今後も予定金利引き上げられる可能性が十分あり得ると考えられますので注目していくこととします。

[参考記事]
   老後の資金を個人年金で! 
   老後の資金を個人年金で!(2) 
   老後の資金を個人年金で!(3)
   老後の資金を個人年金で!(4)

FC2ブログランキング参加中!
下のバナーを一押しお願いします!!
                           ↓ ↓ ↓ ↓

テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2006/01/16(月) 23:00:00|
  2. 年金・保険
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

老後の資金を個人年金で!(4)

~ サラリーマンの特権を利用して  ~

他にグッドアイデアがないか・・・・?

いろいろ考えた結果、やはり年金関連商品が最も有利だと考えました。それでまずサラリーマンだけの特権である財形年金と労働組合が斡旋している年金共済を候補としてあげました。

財形年金については利率はともかくとして、積立金額が元利合計500万円(現在は550万円)までは利息に税金がかかりません。つまり積立中から年金受け取りが終了するまで無税です。積立期間15年、据置期間5年、受取期間10年とすると30年間に発生する利息にまったく税金がかからないわけです。これは大きい!!

一方、年金共済は生命保険会社が運用しているもので、当時労働組合が懸命に売り込んでいたものです。利率も比較的高かったので、これらの2つの年金を毎月積み立てていくことにしました。積立金額は両方とも確か5000円とか1万円くらいだったと思います。ボーナス時には別途おのおの3~5万円積み立てていたと思います。

この二つの年金、何がメリットかというと、毎月給料天引きという点です。そういう意味でもこの金融商品を選択しました。

その他に、子供たちの学費や家電などの耐久消費財などの目的で、これも給料からの天引きで一般財形貯蓄(無税ではない)を積み立てました。毎月5~6万円です。

ボーナス月は私設年金として組み立てた信託銀行のビッグを積み立てていましたが、徐々に金利が下がり、当初計画した利率が取れなくなってきたので45歳で中止し、当時比較的高利率を継続していた証券会社の公社債投信を、その都度購入していくことにしました。

以上が40歳から取り組んだ主な貯蓄商品です。
ちなみに50歳時点の毎月の貯蓄額は下記のとおりです。

・一般財形貯蓄       毎月6万円    賞与時なし
・財形年金          毎月2万円    賞与時なし
・年金共済          毎月1万円    賞与時5万円×2回
・公社債投信         毎月なし      賞与時30~50万円×2回
・これ以外に夫婦の生命保険とがん保険、自動車保険などを含めて毎月約5万円

この貯蓄額、もちろん始めからこの金額ではないのは言うまでもありません。後にも先にもこれがサラリーマン生活で最高積立金額です。年間に約250万円になります。家のローンがあればまったく無理な金額だと思います。当時の給料は決して多いわけではなく、普通程度だったと考えています。子供3人のうち、上の2人が大学に通っていましたから、かなり厳しい家計だったことを記憶しています。

FC2ブログランキング参加中!
下のバナーを一押しお願いします!!




  1. 2005/09/30(金) 23:00:00|
  2. 年金・保険
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

老後の資金を個人年金で!(3)

~ 私設年金の組み立て  ~

次に考えたのが当時人気のあった信託銀行の金融商品である“ビッグ”です。5年物で半年複利の変動金利商品で、当時の利率は4~5%前後だったと思います。この商品を利用して自分で年金を組み立てようとしました。

半年毎のボーナスで50万円を5年間、つまり10回積み立てます。5年後には満期金が約61万円になり、継続して預けて3回目の満期時には約90万円になります。(正確には税引き後90万にはなりません。不足分2~3万円は5年ごとにボーナスから補填することにしました)

40歳から開始しますと、16年目から、つまり自分の年齢で55歳から半年ごとに10回(5年間)、90万円受け取れるいわゆる私設年金になります。 (続きに詳細説明あり)

先に購入した個人年金とあわせると、55歳から60歳までの5年間は年間280万円になります。そのときはかなり早期退職が現実的になってきたとウキウキになったのを覚えています。こんなことを考えながら、実際に実行していきました。

その後有利な金融商品がないか、いろいろ調査検討しました。結論としては年金に関連する金融商品が一番有利という結果になりました。

しかし、この年金関連金融商品は払い込みが55歳までか60歳までで、受け取りが60歳以降に限定されていました。つまり55歳で早期退職したいと思っているのに、いずれもが55歳時点ではお金として活用できない商品でした。

唯一、生命保険型の個人年金だけが55歳から受け取れるものでしたが、リスク分散のためにはこれ以上同じ金融商品に資金をつぎ込むことはよろしくないと思ってやめました。

あとはビッグなどの比較的に利率の高い定期預金タイプの商品に預けて、再度私設年金を組み立てるぐらいしかないかなと思いました。
しかし、その頃から預金利率が低下傾向にありましたので、できるだけ高金利商品に預けないと不利です。

他にグッドアイデアがないか・・・・?

FC2ブログランキング参加中!
下のバナーを一押しお願いします!!








[老後の資金を個人年金で!(3)]の続きを読む
  1. 2005/09/29(木) 23:00:00|
  2. 年金・保険
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

老後の資金を個人年金で!(2)

~ 金利で食べていけないか? 真剣に考える!  ~

40歳の時、ちょうどバブル真っ只中、将来は金利で食べていくことができないか真剣に考えていました。当時の利率が約6%、5000万円あれば年間300万円、税引き後240万円になります。すべて半年複利の定期預金に時系列的にうまく預けると年平均利回り8%になり、税引き後320万円入ります。

公的年金が受け取れるまで240万円~320万円あれば、足らない分は退職金を食いつぶして公的年金が給付されるまで夫婦二人十分暮らしていけるのでは、と真剣に考えました。

しかし5000万円は大変なお金。普通のサラリーマンが簡単に作れるような金額ではありません。まして55歳までに貯める計画なんてとても無理でしょう。

-------------------------------------------------------------------------------

そこで、考えたのが1年前に投資した個人年金(老後の資金を個人年金で! )です。今度は55歳から10年間、毎年100万円、総額1000万円受け取るという年金をもうひとつ購入することにしました。平均利回りも1年前と同じ9%で、一応確定年金なので年金額が多くなることはあっても少なくなることはありません。55歳で早期退職するには全然足りませんが、以後の計画をたてていくためのベースになると考え、一時金約390万円支払いました。

それ以来今年で17年目。この年金、すでに2年前から年間約100万円+数万円受け取っています。残念ながら利率低下のため割増金はほとんどありません。これに退職金などの蓄えから補填して現在生活しています。

公的年金が給付される60歳まではこの体制で行かざるを得ません。少しでもプラスにするため、毎日PCに向かって孤軍奮闘していますが、悲しきかな株式は思い通りにいきませんね。現在の上げ相場でも自分の保有している銘柄はあまり上げていないので悲しくなります。

本日も日経平均が年初来高値を更新したんですが、残念ながら手持ち株はそれほど上がらず、どうしたら良いのだろうか? まあ、めげずに頑張るしかありませんね!

FC2ブログランキング参加中!
下のバナーを一押しお願いします!!




  1. 2005/09/28(水) 23:00:00|
  2. 年金・保険
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

老後の資金を個人年金で!

~ 早期退職と老後に向けて具体的な最初のアクション ~

貯蓄1000万円達成したときから3年後、つまり40歳直前の39歳のときです。貯蓄残高がいくらぐらいだったか記録にありませんが、そろそろ老後のための投資をしようと考えました。

どんな金融商品に投資しようか、あれこれ迷ったあげく、株式とか不動産のたぐいではなく、生命保険会社の個人年金にしました。結局、投資というものではなかったんですが、利率が非常に良かったので決めました。全期前納払いといって、年金受取までの期間分の掛金を全額一時金として前払いするものです。当然割安になっており、ハイリターンの確定年金ということで、思い切って投資しました。

62歳から15年間、毎年80万円、総額1200万円受け取るという年金で、39歳の時に23年後の62歳からの年金なんて考えただけでも気の遠くなるような話でしたが、前払い金として約308万円支払いました。平均利回り9%くらいだと思います。

更に生命保険型ですから配当金が割り増しされるので、受取累計額1200万円に対して割増増額金がついて総額2600万円になるという、それはもう今では到底考えられない想像を超えた見積もりだったのを覚えています。

当時はバブル絶頂期で、高級ブランド物や高級グルメ、億ション、株式投資などに湯水のようにお金が流れていった時代です。そんな中、なんで個人年金なの?と思われましたが、老後のためと割り切ってやってしまいました。

この年金、給付されるまであと約5年残っていますが、今では思い切ってよくやったと思っています。その後の利率低下により、割増増額金がほとんど付かないとはいえ、年間80万円で15年間は確定ですので、自分にとっては下手な投資をするより効率的だったと思っています。
この個人年金が 早期退職と老後をにらんだ最初の具体的なアクション でした。

以後、このお金は言うまでもなく無いものとして考えました。(何があっても解約しない)
40歳直前の39歳の時のことです。

----------------------------------------------------------------------

途中、52歳のときに370万円支払って、年間80万円の年金から120万円の年金に増額しました。

FC2ブログランキング参加中!
下のバナーを一押しお願いします!!




  1. 2005/09/27(火) 23:00:00|
  2. 年金・保険
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ

プロフィール

ワイキキ(1973/10)

フランク

Author:フランク
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2ブログランキング

一押しお願いします!!        ↓↓↓↓

FC2ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

バナーエリア

"もっと"簡単ショッピング Store-mix.com 商品無料仕入戦隊『電脳卸』 お得なポイント貯まる!ECナビ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

最新の記事

フリーエリア

アクセスランキング

無料ホームページ ブログ(blog)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。