フランクの ~早期退職~ ビフォー・アフター

・・・・・ライフプラン、ファイナンス活動により、「悠々自適」を目指す! ~早期退職を決行して「何とか自適」生活を送っているフランクの退職前・後のこまごました奮闘状況を書いて行きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

私が会社を辞めたいと思ったとき...(その3)

~ 早期退職実行 ~

 今回は最終回です。

 そうです。3度目に会社を辞めようと思ったのは、55歳まで残すところ1年。54歳の誕生日を迎えるころでした。キャッシュフローもバッチリ!妻も賛同!仕事もすこぶる順調で何も問題なし。退職への決心は固く、いよいよ最後の仕上げに取り掛かることになりました。

 ただ、ひとつだけ気にかかることがありました。それは私が色々と面倒見ていただいた上司のことです。会社幹部であるその上司も、役員定年が近づいており、その去就が注目されていました。退職願を提出するまで残り半年。できればお世話になったその方に、退職願を出すようなことはしたくない。気が重い毎日が続きました。



 経済面では、会社の退職金規定や早期退職優遇制度、企業年金制度などを秘かに調べて、正確な退職金の額や年金額を割り出しました。それらをキャッシュフローに織り込んだ最終フローを計算した結果、私が80歳、妻が86歳まで、贅沢をしなければそれなりの生活レベルが維持できることが確認できました。

 あとは、こんな私でも仕事面での後任者を考えないといけないということで、かねてから意中にあった人物を昇進させるよう働きかけたのであります。自分の退職予定を公表する前での人事工作は困難を極めましたが、退職願を提出する前に何とかめどが付きました。



 そんなことをしているときのある日、ちょうど退職願提出予定(退職予定日の半年前)の1ヶ月前でしたか、例の上司の退職が判明したのであります。それも正式退職日が、私の退職願提出予定日の前日とは・・・びっくりです。ご本人にとって良かったのかどうかわかりませんが、これでお世話になった上司に報告しないで済む。盛大に送り出すことができる。ずっと気になっていた私の心が一度に晴れました。やっぱり私が先に辞めるのは心苦しいと思っていましたので、偶然とはいえ、タイミングを計ったような結果に、驚きと喜びでいっぱいでした。その後、盛大に送別会が行われ予定通り退職されました。



 さて、その方が退職された日の夜、つまり私の退職願提出予定日の前夜、子供たち全員を居間に集め、早期退職の意志を伝えたのであります。そのときの詳細は、過去の記事「2度目の決心!」の通りです。そして翌日、会社に早期退職の意向を伝えた後、「早期退職優遇制度適用願い」を提出し、約3週間後正式に承認されました。

 ただ、当時の上司からひとつだけ条件をつけられました。それは、ある合理化に関する企画書の作成であります。当時の私の仕事のひとつとして、企画書の立案、作成、プレゼン等、スタッフ的な業務にも関わっていました。その関係で、私の担当ではなかったのですが、思うように進んでいない案件があり、急きょ私が主担当となってやって欲しいという趣旨でした。退職するまで半年ほど期間がありましたので、特に問題ないだろうと思い、引き受けることになりました。少してこずりましたが、2ヵ月ほどで企画書をまとめ、すんなりと役員会で承認を得ることができ、直ちに予算化され実行段階に入りました。残念ながら、完了を待たずに私は退職することになりましたが、計画は予定通り完了し、成果は順調だと聞いています。



 当時の私は、ある部署を任されていました。その後任として、前述の人物を予定通り昇進させ、無事に人事発令があり、正式に後任者として決定しました。そして予定通り、55歳到達の月末に、長い間念願であった早期退職を果たしたのであります。その1週間後、ありがたいことに、盛大な送別会を催していただき、長いサラリーマン生活を終えました。



 以上、3回に亘って、「私が会社を辞めたいと思ったとき...」というテーマで読んでいただきましたが、実際は3回どころか、何十回ともなく辞めたいと思いました。ただ、今から考えると、いずれも自分のわがままな考えからのもので、本当に悩んで、真剣に考えたのはこの3回だけだったような気がします。

 そして、私の中での結論としては、55歳まで辞めなくてよかったということでしょうか。もし途中で辞めていたら、仕事も見つからないまま、経済的にも苦しい不本意な生活が待っていたことでしょう。やはり、自身が経済的に納得しない限り、絶対に本職を捨ててはいけないということであります。

 決して早まることなく、しっかりと時間をかけて、信頼できる先人の意見を聞きながら、結論を出すことが大切だと思います。




ポチっと一押し、ご協力を・・・
↓ ↓ ↓ ↓
↑ ↑ ↑ ↑
FC2ブログランキング参加中!
上のバナーを一押しお願いします!






スポンサーサイト

テーマ:早期退職 - ジャンル:ライフ

  1. 2009/12/20(日) 17:36:15|
  2. 早期退職
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<今年の投資成績と今後の活動に向けて | ホーム | 今年も年賀状・・・か!!(4)>>

コメント

こんばんは

3部作、じっくり読ませていただきました。
40歳になり自分なりにリタイアを意識しはじめています。

意識すればするほど、いろいろなことが影響するものだと思います。
5年後、10年後はまた考え方も変化するでしょうが、そういうものだと思うし、フランクさんのブログを読ませていただいて、やはりそれでよいと思えました。

ブログには今の想いを記録しておきました。
1年後、数年後読み返して修正していき、納得できるまでゆったりと考えて行きます。

それまでは、仕事をするという前提の中でそこでしかできないことに取り組めればいいなと思っています。
  1. 2009/12/20(日) 20:31:57 |
  2. URL |
  3. うさみみ #-
  4. [ 編集]

うさみみさん

おはようございます。
コメント、ありがとうございました。
そして拙い3部作をお読みいただき、重ねてお礼申し上げます。

40歳になられたのですね。不惑の歳と言われています。ある意味、その通りかもしれません。私の場合は、40歳で既に人生の目標がほぼ決まっていました。あとは、その目標に向かって一直線だったというのが実感です。しかし、細かいことではしっかりと惑う年代であったと思います。

リタイアを意識しはじめたとのことですが、非常に良いことですね。意識するのとしないのとでは、雲泥の差があります。5年後、10年後になると、間違いなくその差が明確になってくるはずです。

これからの10年間は、公私ともに苦しい時代が続くはずです。特に厳しい時代に突入してしまった日本(いや世界)の状況を考えると思い悩んでしまいます。子供の教育費、住宅費、そして老後の心配と、考えたらキリがありません。しかし、それらをひとつずつ整理しながら、目標に向かっていろいろな手段を考えて対応していく、というより対応していく姿勢、これが重要なんだと思います。

努力すれば必ず報われる。この言葉を信じて、がんばって下さい。
  1. 2009/12/21(月) 12:27:06 |
  2. URL |
  3. フランク #9q.KjBZc
  4. [ 編集]

ありがとうございます

早期リタイアの過程での、仕事のこと、家族のこと、お気持ちのこと、とても勉強になりました。
実践者の言葉はひとつひとつに含蓄がありますね。
  1. 2009/12/23(水) 10:39:43 |
  2. URL |
  3. 水瀬 ケンイチ #JalddpaA
  4. [ 編集]

水瀬 ケンイチ さん

こんばんは。
コメント。ありがとうございます。
もう一度早期退職ができれば、相当うまくやれるのではないかと思います。
でも、これからはいろいろな意味で、難しいかもしれませんね。
  1. 2009/12/23(水) 20:45:37 |
  2. URL |
  3. フランク #9q.KjBZc
  4. [ 編集]

参考になります

こんにちは
毎回、ブログの更新を楽しみに拝見させて頂いています。

私も今年54歳となりました。
以前から早期退職について考えておりましたが、だいぶ現実味を感じてきました。

今年、同居していた母が他界し、私の両親が居なくなりました。
子供が2人おりますが、上が大学を卒業して来年から社会人となり、
下の子供は大学入学が決まりました。
下の子供の4年間の学費は手別途配済みですので
いよいよ自分のことを中心に考えるステップに来たと思っています。
今のところ、下の子供が成人となる2年後を目安に
早期退職を詰めていくつもりです。
既に何回かフランクさんの記事を参考にキャッシュフローを作成して、
金銭的には検討が進んでいます。

フランクさんの話は、実体験に基づいていらっしゃるので
非常に説得力があり、参考になります。
これからも、フランクさんのブログを読み続けたいと思っていますので
是非、長くご自身の体験談を発信して下さい。

宜しくお願いします。





  1. 2009/12/26(土) 10:47:59 |
  2. URL |
  3. マイケル #-
  4. [ 編集]

マイケルさん

はじめまして!  フランクです。

コメント、ありがとうございました。
そして、うれしいお言葉、重ねてありがとうございます。

お子様の教育費にめどが付いたことで、おっしゃるとおり早期退職がグッと近づきましたね。おめでとうございます。早期退職に向け、これからの詰め過程がもっとも楽しい期間だと思います。そして、人生の醍醐味をもお感じになることでしょう。

経済面はもちろんですが、退職後何をするかについてもしっかりと考えておきたいところですね。

私の方も早期退職をテーマに、細く長くブログ活動を継続していくつもりです。

今後ともよろしくお願いします。
  1. 2009/12/26(土) 17:25:09 |
  2. URL |
  3. フランク #9q.KjBZc
  4. [ 編集]

マイケルさんへ追伸!!!

おはようございます!

はじめまして!では無かったんですね!
大変失礼しました。

2年前の12月の貴コメントを見つけだしました。
あれからずっと早期退職をめざして、がんばってこられたのですね。少しでもこのブログがお役に立てたのなら、とてもうれしいです。

これからもよろしくお願いします。
  1. 2009/12/28(月) 10:27:19 |
  2. URL |
  3. フランク #9q.KjBZc
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://frank05.blog21.fc2.com/tb.php/294-96a2529e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ワイキキ(1973/10)

フランク

Author:フランク
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2ブログランキング

一押しお願いします!!        ↓↓↓↓

FC2ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

バナーエリア

"もっと"簡単ショッピング Store-mix.com 商品無料仕入戦隊『電脳卸』 お得なポイント貯まる!ECナビ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

最新の記事

フリーエリア

アクセスランキング

無料ホームページ ブログ(blog)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。