フランクの ~早期退職~ ビフォー・アフター

・・・・・ライフプラン、ファイナンス活動により、「悠々自適」を目指す! ~早期退職を決行して「何とか自適」生活を送っているフランクの退職前・後のこまごました奮闘状況を書いて行きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

我が家のキャッシュフロー(その12)

~ エクセルを使ったキャッシュフロー ~

いよいよキャッシュフローの仕組みについて紹介します。
まず「キャッシュフローとは?」については以前の記事を参考にしていただきたいと思います。
参考記事 我が家のキャッシュフロー
       同 その2
       同 その3

●キャッシュフローといっても単なる表計算ファイルです。縦方向に分類項目・費目を並べ、横方向に1年ごとの数値入力欄を設定します。通常は平均寿命までのライフプランをたてて、キャッシュフロー表を作成して家計の未来予測をします。若い人であれば、向こう10年間とか20年間、あるいは定年までの期間について計算してもいいと思います。ちなみに我が家のキャッシュフローは妻が86歳までの期間についてシミュレーションしています。

●そしてライフプラン(将来の夢や希望、目標)やライフイベント(将来必ずやって来る子供の高校・大学入学、結婚、車・家の購入など)に必要な費用を生活費と共にシミュレーションしていきます。

●このシミュレーションにより、将来に向かって収支が黒字になるか、それとも赤字になっていくのかがわかります。もし赤字に転じていくのであれば、早い時期に気がつくので、それだけ早く手を打てるわけです。大幅な赤字が予想されたら、根本的にライフプラン、イベント内容について見直さないといけません。あるいは収入(増へ)、支出(減へ)について見直しが必要です。以前の記事にも書きましたが、この見直しするための、すなわち対策を立てるためにいろいろと方策を考えて、シミュレーションを行い収支を改善していく。これが、キャッシュフロー作成の醍醐味です。

●ほとんどの場合、始めから黒字になることはないでしょう。何回も見直しを繰り返しながら、黒字に近づけ、最終的には自分がたてたライフプランやライフイベントが実現できるようにしていくのです。

●さて、前回までの記事ではキャッシュフロー作成までの前段ということで、家計・資産管理について説明してきました。あたかも家計・資産管理が先に存在して、キャッシュフローが存在するというような説明になってしまいましたが、実際には、
ライフプラン・ライフイベント → キャッシュフロー → 資産管理 → 家計管理
という順序で考えていくことが正論だと考えています。そのほうがイメージとして掴みやすいですね。つまり資産管理、家計管理は作成したキャッシュフローをリアルタイムで検証し、計画からのずれを早く発見するための管理だと考えても良いと思います。

●そして重要なことは、キャッシュフローそのものは、基本的な家計の数値があれば簡単に作成できますが、人生の指標になるようなキャッシュフローは、何度も見直しを繰り返しながら完成していくものだと思います。極端に言いますと、生涯をかけても完成することはないと考えても良いと思います。私の場合、かれこれ25年以上見直ししていることになります。今後も毎年見直すことになるでしょう。

●後半の記事でキャッシュフローのサンプルを掲載しました。良ろしかったら見てください。
その前に、ここでしばらく休憩しましょう!!!

FC2ブログランキング参加中!
カテゴリーが違いますがよろしければ下のバナーを一押しお願いします!!
                            ↓ ↓ ↓ ↓


~ キャッシュフローのサンプル ~

キャッシュフローのサンプルを下図に示しました。退職する年(2003年)の年末の資産残高を基準として、平均寿命までのキャッシュフローです。図をクリック、さらに拡大マークをクリックすると数字が読めます。(単位:万円)

キャッシュフロー1

●左側費目は前回記事までに説明した家計・資産管理の費目をまとめたものです。というか、先にこの費目ができて、その後に家計管理がやりやすい費目に細かくしました。

●夫が55歳退職、60歳までに3人の子供たちが結婚、60歳より公的年金が支給され、個人年金は55歳から支給開始され、徐々に増えていくものとしました。妻は夫より2歳年下で、夫は80歳、妻は86歳で生涯を終えることにしています。

●一応、我が家をモデルにしていますが、各々の数字やライフイベントなどは我が家とはまったくかけ離れています。まともに受け止めないで下さい。ただ収支合計と残高の計算はつじつまが合っているはずです。あくまでもキャッシュフローのイメージとして受け止めて下さい。

●各金融資産の利率は、貯蓄が0.1%、投資性金融商品1(外債、投信など)が1.0%、投資性金融商品2(個別株式投資)が0.1%としています。貯蓄が底をついてきたら、投資性金融商品1から現金に変えて支出に対応しています。例えば、2009年に500万円を現金に変えています(-500万円と記入)
このサンプルのように、投資性金融商品1から現金を補充するならば、外債や投信のリスク管理をしっかりとする必要があります。

●最下段の「金融資産実質残高」は、毎年1.0%の割合で資産価値が下がると考えた場合の残高です。つまり、その上段にある「金融資産合計残高」から計算したものです。

●妻が生涯を終える2036年の「金融資産実質残高」が1000万円になるように、「支出」項目の「外食・レジャー・旅行」費を逆算して求めます。サンプルでは48万円になっていますが、投資のリターンを稼ぐことができたら、その分だけ48万円から増えます。損が出たら反対に減少します。私が目標にしている年平均4%のリターンが獲得できると、かなり贅沢に遊べることになるんです。

●現在、2004年と2005年は収支実績が出ていますので、我が家の実際のキャッシュフローでは、該当欄に実績値が表示されています。そして今年2006年については、別欄に年初からの集計がリアルタイムに表示されるようにしており、計画と実績を見つめながら管理しています。

●また前回の記事にある「資産残高予想グラフ」は、2005年の金融資産合計残高7059万円と2006年の同残高6387万円を、時系列グラフ上に直線で結び、リアルタイムに同グラフ上に残高実績をプロットして、計画と実績を対比しながら管理しています。

●このサンプルでは、ライフプランを明確にしませんでした。例えば、老後の楽しみとして、1年に2~3回海外旅行を楽しむとすれば、逆算して求めた「外食・レジャー・旅行」の費用を、例えば年間200万円と先に決めて、他の費目を抑えるように改善していきます。他にプランがあれば、該当費目に相応の費用を計上して、全体のキャッシュフローを完成させていきます。

いかがでしょうか?
人生を有意義に過ごしていくために、ぜひともキャッシュフローにトライしていただきたいと思います。

以上、長文で数字ばかりの記事になりましたが、イメージとして参考にしていただけたら光栄です。

FC2ブログランキング参加中!
カテゴリーが違いますがよろしければ下のバナーを一押しお願いします!!
                            ↓ ↓ ↓ ↓

スポンサーサイト

テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2006/03/29(水) 23:00:00|
  2. キャッシュフロー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<外国債券の評価(3) | ホーム | 仏隆寺と大野寺の桜 (奈良県)>>

コメント

ちょっと理解できないところがありますが、
自分なりにいただかせてください。
ありがとう。(・・||||rパンパンッ
  1. 2006/03/30(木) 20:17:17 |
  2. URL |
  3. あすとろ #-
  4. [ 編集]

大丈夫ですよ。
考え方はばっちりです。
いだだかせてください。
ただ自分がついていけないんですね。
(・・||||rパンパンッでした。
  1. 2006/03/31(金) 20:14:04 |
  2. URL |
  3. あすとろ #-
  4. [ 編集]

考え方はOKです。
実際使っできるとまたいいんですけどもね。
(・・||||rパンパンッ
今日から新年度。
飲み疲れが抜けなくて、さい先のわるい
新年度スタートで、今日は、ぐたぐたしています。
  1. 2006/04/01(土) 19:29:58 |
  2. URL |
  3. あすとろ #-
  4. [ 編集]

今日は休みなんだけど、お得意さんまわりで、
午前中、挨拶してきました。このあたりをぬかりなく
していないと、仕事に大きな影響があるんですよ。
さあ、新年度に向けて、わたしも明日よりスタートです。お互いにがんばりましょう。
セイノッZ(^・^)ツフレー\(~0~)/フレー・・・
  1. 2006/04/02(日) 15:13:11 |
  2. URL |
  3. あすとろ #-
  4. [ 編集]

ありがとうございました

早速にお返事を頂いてありがとうございます。

計算の仕方わかりました。丁寧な説明ありがとうございました。

今、キャッシュフローの記事ざーっとですが全12回分目を通させて頂きました。
ライフプランの立て方や具体的な資産管理、家計管理に至るまで方法と流れがよくわかり、とても勉強になりました。貴重な資料をありがとうございます。

退職までの何年にも及ぶ緻密な計画、退職されてからの毎年毎月の資産管理、さすがFPの受験資格をお持ちのフランクさんだ、と感服の至りです。

やはり私などはまだまだリタイヤーは無理だなと再認識致しました。老後の資金がやっと貯まったところ…程度です。

私は年金給付開始が65歳からですし、その年金もどれくらい当てにできるのか今の時点ではわかりません。年金シミュレーションも信憑性がなく計画の土台からぐらぐらです。

私の場合退職金と貯蓄とを合わせて1億円になったら初めてリタイヤーを考える資格ができるかな?と思います。40代中はやはり無理っぽいですね。

仕事に忙殺される日々。フランクさんのブログに出会い、しばし夢を見させて頂きました~。

それと参考本は探してみますね。

今後も仕事と貯蓄に励み、一日も早くハッピーリタイヤーができるよう頑張ります。
  1. 2006/11/20(月) 21:37:48 |
  2. URL |
  3. ダイヤ #-
  4. [ 編集]

ダイヤさん

こちらこそ、記事を読んでいただけて光栄です。

なかなか今の時代、早期ハッピーリタイヤーは難しいですね。

でも、決してあきらめないことが大切だと思います。

がんばってください!!

また、ぜひいらしてくださいネ。
  1. 2006/11/21(火) 16:11:42 |
  2. URL |
  3. フランク #9q.KjBZc
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://frank05.blog21.fc2.com/tb.php/103-315a0b9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ワイキキ(1973/10)

フランク

Author:フランク
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2ブログランキング

一押しお願いします!!        ↓↓↓↓

FC2ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

バナーエリア

"もっと"簡単ショッピング Store-mix.com 商品無料仕入戦隊『電脳卸』 お得なポイント貯まる!ECナビ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

最新の記事

フリーエリア

アクセスランキング

無料ホームページ ブログ(blog)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。