フランクの ~早期退職~ ビフォー・アフター

・・・・・ライフプラン、ファイナンス活動により、「悠々自適」を目指す! ~早期退職を決行して「何とか自適」生活を送っているフランクの退職前・後のこまごました奮闘状況を書いて行きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今年の成果は??

昨日、電車で30分程のところにあるお寺に行ってきました。遅い紅葉狩りです。例年ならば、既に散り紅葉になっているところですが、昨日は見頃までもう少しというところでしたが、十分楽しめる紅葉だったと思います。今年初めて、紅葉風景をカメラに収めることができました。でも、近隣の有名な紅葉どころは、見頃が12月になるところも少なくないと言われています。
ホント!今年はどうなっているのですかねえ・・。

さて、今年もあと1ヶ月と少しになってしまいました。12月に入ると、皆さん忙しくなって紅葉どころではなくなります。
とにかく時の経つのが速いです。退職してからは、一段と速度が増しました。
人生、後がないと焦っているのは私だけでしょうか?

一方、投資成果の方ですが、今年前半はマイナスを潜行してさっぱりの結果でしたが、7月から為替相場にフォロー風が吹いてきて盛り返してきました。しかし、このまま行くと、今年のリターン率は去年の半分以下で終わりそうです。目標の4%を確保できるかどうか、微妙なところです。

そのような中で、今年一番の活躍してくれたのはユーロです。ユーロに敏感な反応を示す投信を1本保有しており、それが堅調な動きを示してくれました。それとNZDとUSDが後半から回復してきたことが、かろうじてプラスに転じている要因です。

一方、日本株式は依然として低迷中。海外株式が堅調(過熱気味か?)な推移を示していますが、これらも私にはほとんど先が読めません。もっともポートフォリオに占める割合が少ないので、全体への成果にはあまり影響しませんが・・・。

とにかく残りあと一ヵ月あまり・・・。先週末、急激に円高になってしまいましたが、年末にかけてどうなるのでしょうか?

毎日パソコンの前で指をくわえて見ているだけで、自分では何もアクションが取れませんが、少しでも順風が吹くことを祈るばかりの今日この頃です。


ポチっと一押し、ご協力を・・・!!
↓ ↓ ↓ ↓
↑ ↑ ↑ ↑
FC2ブログランキング参加中!
上のバナーを一押しお願いします!!



スポンサーサイト

テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2006/11/26(日) 21:05:08|
  2. 資産運用・管理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

退職後の最良の友...パソコン!!(その2)

~ 便利な機能 ~

退職前後、パソコンのお世話になったことは言うまでもありません。
とにかく生涯のキャッシュフローを見極めるための計算で、毎日何回もシミュレーションしながら、あれこれと考えていました。
今でもキャッシュフローの確認や見直しを、半年に1回必ずやります。

そのときに必ず使うエクセルの機能があります。非常に便利な機能なので、紹介したいと思います。ご存知の方はここで紹介している内容が正しいかチェックして頂いて、誤っていたらコメント下さい。助かります。

「ゴールシーク」という機能です。
画面上部メニューバーの「ツール」を選択すると「ゴールシーク」というメニューがあります。すぐ分かります。キャッシュフローやシミュレーションなどの表計算で使用しますと便利です。言葉で説明してもその便利さは説明しきれません。と言っても具体例をここで説明するには困難すぎますので、ヘルプや参考書などを見て一度トライしてみてください。きっと便利さに驚きますよ。
よくご存知の方は、こんなことをブログで紹介しているこの私をお許し下さい。

ちなみに我が家では色々な場面で使用していますが、代表的な使い方としては、キャッシュフローでシミュレーションをするときに使用しています。私たち夫婦が二人ともこの世を去るとき(妻が86歳時としています)、現金で1000万円残すことにしています。1000万円が妥当かどうかは別として、これだけのお金を残すとした場合、計画しているキャッシュフロー(1年ごとに見直しています)の場合で、向こう約30年間、必要生活費以外に年間いくらまでレジャー資金(外食、旅行などに使える余裕資金)が使えるか計算するのに使っています。普通ならレジャー資金額を入力するセルに何回か予想される数値を入力しながら、1000万残になる数値を求めますが、この「ゴールシーク」機能を使うと、一瞬のうちにその金額が計算され、30年間、毎年いくらまでレジャー用に資金が使えるかはじき出してくれます。まさしく、「Goal Seek」(目標値を探し求める)という機能です。

現在「悠々自適」をめざして、外債やファンドに投資していますが、その成績が良いほどレジャー資金がたくさん使えることになります。

そのほかに色々な場面でこの機能が使えると思います。ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

その他のエクセル機能として、強力なデーター集計、分析機能があります。我が家のエクセルファイルのほとんどにこの機能を使っています。非常に強力で汎用性の高い機能で、一度知ってしまうと、なんで今までこんなめんどくさい集計計算をしていたのか!と思います。

その機能は「ピボットテーブル」です。また、機会があれば詳しく紹介したいと思いますが、未経験の方は一度トライしてみてください。メニューバーの「データ」のなかにあります。少し理解しにくいかもしれませんが文句なしに便利です。


下のバナーを押すとこのブログの順位が分かります。何位かな???
↓ ↓ ↓ ↓
↑ ↑ ↑ ↑
FC2ブログランキング参加中!
上のバナーを一押しお願いします!!



テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2006/11/22(水) 21:47:56|
  2. パソコン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

来年以降に向けての仕込み

~ 投信を2本、追加しました! ~

来年以降に向けた仕込みとして、投資信託2本を購入しました。

1本はいわゆる最近流行のバランス型です。外債が大半で一部外国株式が含まれた投信です。団塊世代を中心とした高齢者向けのようです。同じ団塊世代に生きている者として、1本ぐらい保有しておいても良いだろうと思って買いました。バランス型、つまり安定運用を重視したポートフォリオになっており、これから更に年を重ねていく私たちにとって、日々の運用経過によってストレスを感じさせない投信に成長することを期待しています。

もう1本はアジア地域の新興国株式を投資対象にした投信で、比較的安定した企業の株式を運用するものです。既に保有している新興国株式型投信2本が好成績を挙げていることにあやかって、もう1本追加しました。こちらの方は、ストレスを感じざるを得ないと予想していますが、大きく成長する可能性も秘めています。ということで、リスクが高い分、投資額を少なくしています。

いずれも、年に数回決算を行う定期分配型投信です。手数料や信託報酬などのコストは立派に高く設定されておりますが、私にとって比較的楽な商品なので、金額としては僅かですが投資することにしました。2本平均で税引き後、年平均6%以上のリターンを期待しています。これで保有している投信は合計13本となりました。

10月19日の記事「投資信託の評価(4)」で「資金面での余裕ができていませんので、新規投資に手をつけることができません」と書きましたが、散らばっているお金を何とかかき集めて資金を作りました。

これで本当にしばらく静観!です。


下のバナーを押すとこのブログの順位が分かります。何位かな???
↓ ↓ ↓ ↓
↑ ↑ ↑ ↑
FC2ブログランキング参加中!
上のバナーを一押しお願いします!!



テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2006/11/17(金) 19:36:11|
  2. 投資信託
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

退職後の最良の友...パソコン!!

~ 3~4ヶ月ごとの手入れ ~

会社員時代はパソコンが仕事をする上での最大のツールでした。ワード(書類作成)、エクセル(計算)、アクセス(データベース)、そしてパワーポイント(プレゼンテーション)がなければ、どうなっていたんでしょうか。数枚の書類のバックデータが何十枚、何百枚というときも少なくありませんでした。そんなことを思い出すと、今でも気が狂いそうです。

退職後は家計管理と投資管理のためのエクセルが中心で、わずかばかりの文章作成のためのワードが時々。データベースやプレゼンテーション用のソフトはまったく使わなくなりました。従いまして、我がパソコンにもそれらのソフトはインストールしていません。その代わりといっては何ですが、写真整理用の画像処理ソフトが加わりました。

もうお分かりのように、退職後は毎日パソコンと向き合っています。株式や為替レートの画面を見ているのと、毎日の投資管理、家計管理のため、それにブログ活動や時々加わる写真処理のために、朝起きたときから夜寝る寸前までパソコンの電源は入りっ放しになります。現在の私の最良の友です。それと共にいいオモチャです(・・と妻が言っています)。お蔭で半年に1回、分解清掃しないと冷却ファンの音がうるさくなります(CPUの冷却フィン周囲に埃が蓄積して冷却効果が悪くなるため)。分解してCPU周りを見ますと、白い綿ぼこりみたいなものが冷却フィンと冷却ファンの羽根にこびりついています、それをつまようじで掘り起こして、掃除機でそっと吸い取ります。これだけで、パソコンの音は驚くほど静かになります。ただし、ディスプレイ一体型やノート型パソコンの場合は分解が困難だと思います。ノーマルなデスクトップ型はいとも簡単にできます。毎日使うものですから、やはりいたわってやらないといけないですね。

我が家にはデスクトップ型とノート型が各々1台ずつありますが、ノート型は清掃しません。どうしても必要になればメーカーに出すのが無難なようです。ちなみにノートパソコンは、ここ一番のトレードのときか、メインパソコンが故障したときの予備用として使うだけなので、ひと月に1度使うか使わないかという感じです。従って、清掃する必要もないようです。

今年4月にデスクトップ型パソコンを買い換えました。そして先月(10月)に初めての内部清掃を行いました。お陰で今は快調です。清掃前は少し重たいソフトが立ち上がったり、大きなファイルを開けたりすると、冷却ファンがうなりだしましたが、今はそれもなく静かに快調に動いています。これからは半年といわず、3~4ヶ月に1回の頻度で、うなりだす前に清掃するよう心がけようと思います。


このブログの順位は何位かな???
↓ ↓ ↓ ↓
↑ ↑ ↑ ↑
FC2ブログランキング参加中!
上のバナーを一押しお願いします!!



テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2006/11/13(月) 22:25:49|
  2. パソコン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

アクセス急増!!

~ Yahoo 特選ブログに・・ ~

今年は紅葉が遅すぎて忘れてしまいそうです。ぽつぽつと寒い日がありましたが、これだけ気温の高い日が多くては、紅く染まらないまま枯れてしまうのでは・・とちょっぴり心配です。

さて、今週初めから、このブログへのアクセス数が急増しています。半端な増え方ではありません。色々調べてみると、「ヤフー」サイトの「お金」というページの「特選ブログ」という欄に、このブログが紹介されていました。ページの上部には「セカンドライフ」と書かれてあります。

「YAHOO JAPAN」トップページの冒頭部分に「サービス内容」というところがあり、「買う」とか「知る」とかが書いてあるサブメニューに「「暮らす」という項目があります。その中の一つに「セカンドライフ」がありますが、ここをクリックして、「お金」というページに行くと、やっとたどり着くようになっています。

初めてこのページを見ましたが、なかなか面白そうです。「セカンドライフ」の下のメニュー項目に、興味のありそうな言葉がずらっと並んでいました。

「趣味と教養」 「旅」 「グルメ」 「おしゃれ」 「くらし」 「健康と介護」 「お金」 「社会と経済」

以上、8つのメニューです。どれもセカンドライフ生活をしている私にとっては、魅力的な言葉ばかり。メニュー毎に「特選ブログ」欄があり、各々3つのブログが紹介されているようです。更新時期はいつか分かりませんが、現在はまだ載っています。

「ヤフー」の編集部の方たちも、毎日のブログチェックが大変ですね!がんばってください!
 
これから時々「YAHOO JAPAN → 暮らす → セカンドライフ」に訪問してみようと思います。


このブログの順位は何位かな???
↓ ↓ ↓ ↓
↑ ↑ ↑ ↑
FC2ブログランキング参加中!
上のバナーを一押しお願いします!!



テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2006/11/10(金) 21:56:56|
  2. ご挨拶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

早期退職!今の時代可能なのか?(その5)

~ 早期退職したい年齢を早い時期に決める! ~

サラリーマンが早期退職について考える場合、まず最初に公的年金制度について考えるはずです。この制度を考えずに退職はあり得ないといっても過言ではないでしょう。しかし、その公的年金制度の脆弱化によって老後の経済的不安が募る現在、1円でも多くの蓄えが必要になってきます。でも現在のような低金利時代では、利息収入がほとんど期待できません。このような状況では、早期退職どころか定年退職もままならない状況に陥ってしまいます。一体どうすればいいんだ!と言いたいところです。

やはり、ここは投資性の金融商品に頼らざるを得ないのではないかと思います。銀行や郵便貯金しか馴染みのない方たちには、投資という言葉自体にアレルギー反応を起こす方がおられるかもしれません。しかし、ここは安定した老後のためと考えて、投資に関して勉強することが必要なのではないかと思います。そしてできるだけ若いときから、実際に投資を始めることで、早期退職の実現性が高まるでしょう。

一方、企業間の熾烈な経済競争による仕事の厳しさが増してきている昨今、多忙なあまり自分の将来的なことを考える時間的余裕のなさが、その場しのぎの行き当たりばったりの人生になる可能性が高くなっているのではないかと思われます。そのような環境の中で、投資のあれこれについて考えている時間はほとんど無いと思います。私の経験から考えると、逆にあるほうがおかしいと思っています。

そんな多忙な中で、投資をコツコツと継続していくには、時間をあまりかけずに短期間で集中的に自分の投資方針を決定し、その方針に基づいて簡単な操作(できれば機械的に投資を行う)で賄えるようにすることが必要ではないかと思います。そして1年に1~2回程度、集中的に方針の見直しをする程度にとどめて、とにかく本職を大事にして少しでも給料を高くすることに心がけることが大切だと思います。早期退職の一番の近道は、本職によって得られる給料をできるだけ高くすることです。つまり、一生懸命に仕事することにより、自分の評価を高めて給料に反映させることです。貯蓄をするにも投資をするにも、原資が少なければ当然多くのリターンは期待できません。
そして、投資はあくまで投資です。結果は未知数であり、悪ければたちまち貯蓄の取り崩しを余儀なくされるということを頭の中に入れておかないといけません。

それでは、どのような金融商品に、どのように投資すればよいか?ということですが、短い投資経験と僅かばかりの知識しか持ち合わせのない私には、それを語る資格はありません。ただ、そんな私でもこれだけは言えるのではないかと思います。それは、とにかくリスク分散をすることです。
投資方法は個人個人によって千差万別です。リスク分散のやり方は、その人の置かれている立場(年齢や家庭環境・仕事環境など)によって様々だと思います。ちなみに私は、比較的安定している外国債券型投信を中心に投資をしており、毎月分配型で現金を受け取ることによって、リスクにさらされる元本を軽減していく方法をとっています。しかし、外国債券型であるがゆえに為替リスクが付きまとうのはやむを得ません。はっきり言って、為替リスクは強烈です。経験のない方にとっては、毎日の変動が大きなストレスになりかねません。

このような私の投資方法は、私の年齢と既に退職した身であるが故に取っている分散方法であります。これが30~40代の若い年代になると、おのずからリスク分散の仕方が違ってくるでしょう。最も大きく違うのは時間分散でしょう。私のように残りの人生が短い者と違って、若い人は時間がたっぷりとありますので、時間分散を大いにとるべきです。そして長い時間をかけ、楽しみをできるだけ後に回すことで、大きなゲインをあげる可能性が高くなります。また、人生やり直しの効く年齢ということを考えると、多少の冒険(ハイリスク・ハイリターン)をしてみることも可能です。というより、積極的に冒険するべきかも知れません。そして50代に近づくにつれて、その分散のやり方もおのずと変えていくことが必要であり、冒険の度合いもほどほどにしていくことが重要になってきます。

40代に入れば、1年後に会社をやめると仮定して、主に経済面でどうなるかについて具体的に考えることをお勧めします。できるだけキャッシュフローなどで具体的な数字にして、その可能性を追求していくことがよろしいのではないかと思います。最初は箸にも棒にもかからない結果となるでしょう。しかし、それを定期的に繰り返すことによって、徐々に信頼性が高くなり信憑性を帯びてくるのです。

早期退職を目指す場合は、自分の退職を何歳にするか、仮にでも自分自身で決めて、具体的に考えていくことが大切であります。そして、決めた退職年齢の3~5年前になれば、生涯のキャッシュフローを自分自身で作って、自分自身で診断しながら、適宜軌道修正することが重要です。とにかく退職年齢を自分で決めること。これが大事だと思います。なぜならば、その年齢近くになると真剣に考えるようになるからです。決めていなければ60歳までずるずるとカウントダウンするに留まってしまいます。そして60歳以後も働くはめになりかねません。私の場合は、40歳から55歳まで5年置きに節目を決めて、その都度経済状況についてチェックしていました。要するに、日ごろから自分で自分にプレッシャーをかけていくことにより、早期退職することが当たり前という考えにしていくこと。これが重要だと思います。

以上、抽象的な文章で、かつまとまりのない長文になってしまいました。お許しを!

参考記事を列記しておきます。時間があれば読んでみて頂けたら・・と思います。
  早期退職!今の時代可能なのか?
  早期退職!今の時代可能なのか?(その2)
  早期退職!今の時代可能なのか?(その3)~前編~
  早期退職!今の時代可能なのか?(その3)~後編~
  早期退職!今の時代可能なのか?(その4)
  早期退職には本職が最も大事!!


このブログの順位は何位かな???
↓ ↓ ↓ ↓
↑ ↑ ↑ ↑
FC2ブログランキング参加中!
上のバナーを一押しお願いします!!



テーマ:マネー・貯金 - ジャンル:ライフ

  1. 2006/11/06(月) 21:46:10|
  2. 早期退職
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:12

フランクファンドの評価(4)

~ 年平均リターン率、徐々に回復中! ~

フランクファンドとは、我が家が保有している3つの金融商品(外国債券、投資信託、不動産ファンド)の現在資産額(税引き後の利息、分配金含む)の合計を、3つの金融商品に投資した元本(手数料含む)で除して騰落率を計算し、運用期間(単位:年 独自の方法で算出しています)で除して、年平均のリターン率を計算し、グラフ化して評価しています。
フランクファンドの詳細は記事「投資信託の評価」を参照していただければ光栄です。

前回の記事「フランクファンドの評価(3)」のあと、5月中旬に底を打ち、その後米ドル上昇と、7月以降のNzドル回復により徐々に上昇しています。過去の最高リターン率9.47%(2005/12初旬)にはまだまだ及びませんが半分程度は回復してきました。

一応、10月31日時点での評価をしておきます。
投資比率は、投資信託が66%(62%)、外債20%(23%)、不動産ファンド14%(15%)の計100%です。(カッコ内は前回の比率 )

また、今回も全投資元本(手数料含む)を10,000円とした場合の現在の評価金額(税引き後の利息、分配金含む)をフランクファンドの基準価額として計算してグラフ化しています。

●グラフE(年平均リターン率)
フランクファンドリターン率4


●グラフF(フランクファンド基準価額)
フランクファンド基準価額4


現在のところ、リターン率・基準価額ともに順調に推移していると思います。ただ、昨年のリターン率の右肩上がり角度に比べると今回は緩やか傾向なので少し物足りませんが・・・。今後もリターン率が上下変動を繰り返すと思いますが、時が経過するにつれて7~8%程度に収束していってほしいものです。

グラフには示しておりませんが、今年の年初来のパフォーマンスは今のところ基準価額で3.9%上昇となっております。ちなみに昨年1年間の基準価額の上昇率は10.1%だったことを考えると、今年は成績がいまひとつパッとしないというところです。

さて、今年も残すところあと2ヶ月!何とか更なる上昇を望みたいものですが、どうなりますことやら・・・。


このブログの順位は何位かな?
↓ ↓ ↓ ↓
↑ ↑ ↑ ↑
FC2ブログランキング参加中!
上のバナーを一押しお願いします!!


テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2006/11/01(水) 20:18:18|
  2. 資産運用・管理
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:7

プロフィール

ワイキキ(1973/10)

フランク

Author:フランク
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

10 | 2006/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2ブログランキング

一押しお願いします!!        ↓↓↓↓

FC2ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

バナーエリア

"もっと"簡単ショッピング Store-mix.com 商品無料仕入戦隊『電脳卸』 お得なポイント貯まる!ECナビ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

最新の記事

フリーエリア

アクセスランキング

無料ホームページ ブログ(blog)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。