フランクの ~早期退職~ ビフォー・アフター

・・・・・ライフプラン、ファイナンス活動により、「悠々自適」を目指す! ~早期退職を決行して「何とか自適」生活を送っているフランクの退職前・後のこまごました奮闘状況を書いて行きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

我が家の生命保険

(1)早期退職前

 私はどうも保険好きなようです。今年も妻の生命保険と夫婦の医療保険の見直しを行い、私の希望通りの保険に変更・追加を行いました。生命保険であれ医療保険であれ、考え方は人それぞれです。私は心配性なのか普通より多く保険をかけていると思います。
 以下、早期退職前(会社員時代)の我が家の生命保険・医療保険の加入状況です。

《生命保険》
●初めて生命保険に加入したのは私が26歳の時でした。当時は生命保険の意義もあまりわからないまま、会社で勧誘活動していたおばさんから言われるまま加入しました。
私が37歳、3人の子供達がまだ小学生の時、私に何かあったときの家族への保障のために見直しをして、定期特約を付けて死亡保障を増やし、医療特約も付加しました。

●妻が37歳の時、妻を被保険者としての初めて生命保険に加入しました。保険期間15年の定期型保険で、死亡保障は私の約半分としました。そして15年後の満期時に見直しを行い、終身保険に切り替えて、10年後更新の定期型の死亡保障・介護特約、および医療特約を付加しました。

この二つの生命保険は、いわゆる掛け捨てではなく解約返房金を受け取れる終身保険であります。

《がん保険》
●1980年代にアメリカの生命保険会社のいわゆる「がん保険」が話題になり、私が38歳のとき家族型のがん保険に1口加入しました。今では当たり前ですが、手術給付・入院給付に重点を置いた掛け捨て保険で、保険料も安く(当時家族型で月掛3000円程度)加入しやすい保険だったので、翌年に更に1口加入して保障を増やしました。

(2)早期退職後

《医療保険》
●55歳早期退職後最初に手掛けたのは医療保険です。3人の子供たちはすでに社会人になっていましたので、死亡時の保障は葬式代程度でいいだろうと思い、次回の更新時に見直すこととし、医療保険を中心に充実させることとしました。ただ、夫婦二人とも当時加入していた生命保険に医療特約を付加しているので、入院給付は夫婦とも1日5000円程度とし、入院初日から給付されること(当時の医療特約は入院20日以上が条件)と、給付日数を増やすことに重点を置きました。結果、夫婦各々入院初日より最大120日間、5000円が給付される保険に新しく加入することにしました。これで1日の給付金額はすでに加入していた生命保険の医療特約分と合わせると1日1万円となり、「まあこんなもんだろう」というアバウトな考え方で加入しました。

《介護保険》
●確か退職する3年前に公的な介護保険制度が制定されて、介護保険料が毎月の給料から天引きされていました。世間では介護問題がクローズアップされつつあり、家庭における介護の困難さが浮き彫り状態になってきていました。50歳代半ばに差し掛かった私たち夫婦として、介護に対して何か対応する必要があると考えていましたが、介護問題に関する知識は全くなく、どう対応すればいいか全然わからない状態でした。しかし公的な介護保険では十分な保障を得られないであろうと考え、とりあえず生命保険会社の介護保険に加入することにしました。ただ、保険金額をいくらに設定すればいいか判断がつかないので、最低の保険金額に設定して加入しました。(退職して半年後のことです)

《生命保険》
●そして退職後2年目に私の生命保険が契約更新時期を迎えました。子供たち全員が既に社会人になり、死亡時の保険金は少額でよいと考え、定期特約死亡保障を無くして主契約のみの死亡保障として月額保険料を安くしました。

(3)今年の見直し

《生命保険》
●そして退職して9年後の今年、妻の生命保険の更新時期に伴いその見直しを行いました。
まず医療特約を外しました。9年前の退職直後に医療保険を新たに加入していたことと、新しく医療保険の追加(後述)を考えていましたので、この生命保険の医療特約は不要と判断しました。
次にまた定期特約の死亡保険金額を現状維持にしたいと思いましたが、支払う保険料が大幅にアップするので、半額にすることにしました。実際には葬式代程度の金額でよいと思いますが、私一人が取り残されたら普段の生活がたちまち困ると思ったので、せめて時々の外食代と定期的な清掃費用ぐらいは確保したいと思って、半額の定期特約(10年)の死亡保障にすることを考えました。しかしこの保険には介護保障が付加されているので、通常より支払う保険料が高く設定されており、死亡保障を従来の半額にしても保険料は結構高くなります。そこで死亡保障を半額ではなく、従来の1/4とし、残りの1/4を他の安価な掛け捨て型(10年定期型)の保険に乗り換えることにしました。
すなわち、死亡時保険金額を従来の半額として、そのまた半額分を安価な掛け捨て型にすることによって保険料を抑えました。これで一応今後10年間については死亡時保険金額を従来契約の半額にキープすることができました。(外食と清掃費用程度は確保できます)

《医療保険》
●早期退職直後に加入した医療保険の入院給付金を2倍に増額しました。夫婦各々入院初日より最大120日間、10000円が給付されることになります。

   ---------------------------------------------------------

 以上、保険はこれで万全ということはありません。どこで妥協するかがポイントです。
毎度のことながら保険の見直しは疲れます。今年の見直しも検討着手から最終決定まで半年以上費やしました。我が家の保険がこれでいいのか悪いのかよくわかりません。10年後にまた更新時期が来ますが、その時は残り少ない人生になっていますが、それなりに頭を痛めそうです。

 そしてこの複雑な我が家の保険加入状況をまとめますと、以下のようになります。
まず我が家の1ヶ月の生命保険料(医療保険含む)は夫婦合計で約5万5千円になります。
そして、保険金額は以下のようになります。
(注)死亡時の金額は私ががんで死亡した時の金額を100としたときの指数表示です。

 私が死亡した時
  がんで死亡           100 (65歳以降は92)
  がん以外で死亡         68
  災害で死亡           120
  
 妻が死亡した時
  がんで死亡           126 (65歳以降は121)
  がん以外で死亡        105
  災害で死亡           210

 私が入院した時
  がんで入院           4万円/日
  成人病(がん除く)で入院   2万円/日
  疾病・けがで入院        1.5万円/日
  災害で入院           2万円/日

 妻が入院した時
  がんで入院           2万円/日
  疾病・けがで入院        1万円/日
  災害で入院           1万円/日

 働き盛りの人たちは、一家の大黒柱が亡くなるとそれ相応のお金を残さないといけませんが、すでに60歳代の私たち夫婦が死亡しても、すでに子供たちが社会人として自立しているので高額な保険金は不要です。
 
 入院給付金は病気の種別、年齢にもよりますが、3千円~1万円程度でしょうか?
健康保険が適用されることや、高額医療費制度も適用可能なので、毎月の保険料相当分を貯蓄として積み立てて、必要時に使うという方法もあります。私たち夫婦のように年金生活者にとっては、所得保障は不要な訳ですから、まさにこの方法がいいのかもしれません。

以上、長文お許しください。


FC2ブログランキング参加中!
カテゴリーが違いますが、良ろしければ下のバナーを一押しお願いします!!
↓ ↓ ↓ ↓

スポンサーサイト

テーマ:生命保険・損害保険 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2012/12/13(木) 10:13:53|
  2. 年金・保険
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

妻の年金

~ 公的年金請求手続きすべて完了 ~



妻の年金請求の手続きを無事済ませました。

2~3ヵ月後から年金が支給されます。

結婚以来、専業主婦を貫いてもらいましたので、厚生年金はほんの少しです。

でも、我が家にとってはとてもありがたいお金です。



ところで、1年半前に私の年金を請求したときは、折からの年金記録問題で社会保険センターは超満員。

確か、2~3時間待たされたことを覚えています。

しかし、なんと今回は待ち時間ゼロ。

相談者は私たちを除いてたった1組。

職員の方の談 「いつもはもっと混んでいるんですが・・・」

どう見ても1年半前ほどではないようです。



これで、我が家の公的年金に関する手続きはすべて完了しました。

あとは、生涯に亘って100%支給されることを祈るだけです。



どこかの国のように、公的年金減額なんて無いようにお願いしたいものです。





ポチっと一押し、ご協力を・・・
↓ ↓ ↓ ↓
↑ ↑ ↑ ↑
FC2ブログランキング参加中!
上のバナーを一押しお願いします!





テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2010/03/27(土) 21:16:08|
  2. 年金・保険
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

早期退職して6年半

~ 年金生活の本格化 ~


55歳で早期退職して早や6年半。

初めの5年間は、わずかばかりの個人年金と企業年金、

および貯蓄の取り崩しで生活費を確保してきました。



そして60歳到達後の1年半。

公的年金(特別支給老齢厚生年金)と新たに個人年金(2つ)が加わりました。

しかし、先月までは金額こそ減りましたが、貯蓄を崩して生活費を補填していました。

今年からは、更にもうひとつの個人年金が加わることになります。

この結果、今月からは貯蓄からの取り崩しは不要となります。



6年半もの間、現金がどんどん減っていくのをまじかに見てむなしい思いをしました。

でも、これも計画のうちと考えると全く不安感はありませんでした。

そして、これから生活費補填として貯蓄を取り崩す必要が無くなると思うと、

グッと安心感が増します。



何かひとつの仕事を終えたようです。


            参考記事 → 「年金受給始まる!





ポチっと一押し、ご協力を・・・
↓ ↓ ↓ ↓
↑ ↑ ↑ ↑
FC2ブログランキング参加中!
上のバナーを一押しお願いします!





テーマ:早期退職 - ジャンル:ライフ

  1. 2010/03/01(月) 13:10:08|
  2. 年金・保険
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

年金受給始まる!

~ 待ち遠しかった年金 ~

 数ヶ月前、初の公的(厚生)年金が支給されました。
そして、60歳から支給される企業年金、個人年金2本の初回分も支給されました。
待ちに待った年金ですが、それだけ年齢を重ねたか思うと、ちょっと複雑な心境です。
でも、何はともあれ支給されるべき年金が無事に支給開始されたことは、喜ばしいことだと思っています。

 さて、私が生涯年齢としている83歳までに、数年後に支給開始される個人年金も含めて、どの程度年金を受給できるか、その見込額を表とグラフにして見ました。

年金一覧

年金受給グラフ

(注) 60歳で受け取る年金受給額を100としました。
    妻の年金収入は含めていません。
    個人年金2、3の金額はまだ決定していないので概算です。

64歳の年金受給額がピークを示しています。これは、5本の個人年金がすべて支給されることと、公的年金の加給年金部分が加わることによるものです。

 60歳から76歳までの年金受給額は、生活していく上で特に問題ないと考えています。ただ、最後の個人年金の支給が終了する77歳以降の年金受給額は、60歳時点の100に対して66とかなり減少します。この年金受給額に妻の年金受給額を加えますと、生活するには十分だと思うのですが、やはりお金が少なくなるのは寂しく感じます。そこで長生きリスク対応として今年から開始した、主にインデックスファンドに投資する小額積立投資を振り当てる予定です。併せて、62歳から73歳までの比較的潤沢な年金収入があるときに、一部をカット(貯蓄)して、77歳以降に貼り付ける(補填)ということも考えています。いずれの方法も、これから色々と検討しながら決めていくつもりです。

 30歳代後半から老後資金のことを考えて、こつこつと個人年金に精を出してきたことが、ここへ来てやっと日の目を見ることになりました。それも年金保険料を一括前払いすることにより、当時の高金利時代という恩恵を最大に活用できたのが、功を奏したと考えています。金利が極端に低下している現在では、リスク資産活用無しでは、とてもこの様には行かないでしょう。

 上記の年金受給額は、私たち夫婦が現状生活を維持するための最低限必要な原資であります。生活費以外のレジャー費や趣味などにかかる費用、子供・孫たちへの支援費用、住居補修費、電化製品・車などの耐久消費財購入費用などは別途必要になります。これらにかかるお金は、今までの貯蓄に頼らなければいけません。この様に考えてみると、やはり公的年金だけでは満足のいく生活はとてもできないようです。しかし、そうかといって、公的年金をないがしろにすると、あとで後悔をすることになります。

 以上、いろいろ考えてみますと、できるだけ早くから老後資金確保について取り組む必要があるということが分かります。退職までのライフプラン、退職後のライフプランを考えた上で、資金計画と運用方法を考えて、少しずつでも実行していくことが、老後生活の安定化につながることは間違いありません。

 資金計画については、時間をかけて考えればできることです。しかし、運用方法については、現在の金利を考えるとリスク資産を組み入れない限り、目的を達することが困難と考えられるのは何とも悩ましいことです。

 毎日まじめに働いて、決して無駄遣いせず、こつこつ蓄えても、安心した老後生活が送れるかどうか分からない・・・というのが、日本の現状です。家のローン、子供たちの教育費、そして自分たちの老後費用、これら3つの難題をどのように解決していけば良いのでしょうか? 当面は「さまよえる日本人」として、苦しい時代の中に埋没しなければいけないのでしょうか・・・? 

 こんなことを考えなくてもいい世の中になって欲しいものです。


ポチっと一押し、ご協力を・・・
↓ ↓ ↓ ↓
↑ ↑ ↑ ↑
FC2ブログランキング参加中!
上のバナーを一押しお願いします!




テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2008/12/24(水) 21:23:32|
  2. 年金・保険
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

60歳以降の公的年金について

~ 支給される金額がほぼ確定しました! ~

昨年の58歳の誕生日から1ヵ月後だったと思いますが、社会保険庁から「年金加入記録のお知らせ」という郵便封書が届きました。内容は私の58歳までの厚生年金と国民年金の加入記録が記載されており、その加入記録に間違いないかどうか確認して、同封されている「確認はがき」を社会保険庁へ送り返すというものです。

少し疑問点もあったので、社会保険庁へ問い合わせたところ、係員(女性)の方から丁寧な答えをいただき、すぐに疑問点も解消しましたので、早速「確認はがき」を投函しました。このとき、自分の具体的な年金見込み額が知りたければ、その旨「確認はがき」に記載されている「希望する」という項目を○で囲んで送り返しますと、後日「年金見込額のお知らせ」が届けられるとのことでした。もちろん、○で囲んで送り返しました。

約1ヵ月後、その「年金見込額のお知らせ」が送られてきました。内容は下記の通りです。

             60歳           64歳             65歳
厚生年金    特別支給の       特別支給の          老齢年金
          老齢厚生年金     老齢厚生年金
         (報酬比例部分)    (報酬比例部分)       (報酬比例部分)
              円           円              
                         (定額部分)      (経過的加算部分)
                           円               

国民年金                                  老齢基礎年金
                                             

合計年金額       円        (+)円           (++)円
(年間)

つまり、60歳から64歳到達までの4年間はA円、64歳の1年間は(A+B)円、65歳からは(A+C+D)円が年金として支給されるということです。

そして私の場合は、上記年金額に60歳から終身に亘って支給される企業年金(勤め先企業から支払われる)と、64歳から3年間支給されるはずの加給年金がプラスされます。この企業年金の具体的金額も、退職直後に企業から送られてきた年金証書に明確に記載されています。また、加給年金については、社会保険庁からの「年金見込額のお知らせ」では除かれていましたので、現時点では私が試算した額になります。

退職時に計算したキャッシュフローで、私が見積もった年金額と比較しますと、ほぼ同じくらいの金額となりました。ただ、企業年金の金額をキャッシュフローからあえて除いていましたので、その分が増えることになります。除いていた理由は、収入を少なく支出を多くというキャッシュフロー作成時の基本的な考えから、企業年金を無いものとして試算したからです。

これで、60歳以降の公的年金の支給額がほぼ確定しました。結果としては、増額となった企業年金分がキャッシュフローにゆとりを与えてくれそうです。

早速、60歳から65歳までの5年間について、詳細なマネープランを検討してみました。

結果については次回にします。



ポチっと一押し、ご協力を・・・
↓ ↓ ↓ ↓
↑ ↑ ↑ ↑
FC2ブログランキング参加中!
上のバナーを一押しお願いします!

テーマ:マネー - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2007/04/23(月) 19:18:21|
  2. 年金・保険
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ワイキキ(1973/10)

フランク

Author:フランク
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

08 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2ブログランキング

一押しお願いします!!        ↓↓↓↓

FC2ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

バナーエリア

"もっと"簡単ショッピング Store-mix.com 商品無料仕入戦隊『電脳卸』 お得なポイント貯まる!ECナビ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

最新の記事

フリーエリア

アクセスランキング

無料ホームページ ブログ(blog)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。