フランクの ~早期退職~ ビフォー・アフター

・・・・・ライフプラン、ファイナンス活動により、「悠々自適」を目指す! ~早期退職を決行して「何とか自適」生活を送っているフランクの退職前・後のこまごました奮闘状況を書いて行きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

預貯金がインフレに弱い???

●新聞とか雑誌のマネー欄などに
「預貯金はインフレに弱い」
「インフレ対策には外貨投資や株式・投資信託・不動産・金地金投資が有利だ」
というような記事をよく見かけます。確かに私もそう思います。インフレ時に預貯金を放置していたら、実質的な価値は下がっていきます。価値を維持する、あるいは上げるためにはインフレ対策が必要になってきます。

●しかし、これはすべての人に当てはまるのではなく、ある程度の資産を所有して、さてこれからこの資産をどうしようかと思っている人たちに当てはまることだと思います。
このような記事をみると、預貯金の少ない人たちまでもが、インフレ時には投資をしないといけない!あるいは来るべきインフレに備えて投資をしよう!などと思って、なけなしのお金を株式などに投資して、しばらくするとそのお金が必要になり、結果的に利益が出る前に売ってしまって損をする。良かれと思って投資したのに損をしてしまって、これから絶対に株式投資なんかするものか!という気持ちになってしまう。こんなことが多いのではないかと思うのです。

投資の目的は何か?
それは自分自身の資産を効率的に増やすことだと思います。そして増やした資産で何をするか?これが本来の目的だと思います。
資産を増やすには、増やすための元の資産が必要です。
それを作るには預貯金が一番必要だと考えています。ゼロ金利の今の時代でもマイナス金利にはならないのだから一番だと思います。
「インフレによる目減り?」 確かにそうかも知れませんが、資金を十分所有していない人がそのように考えると、本来の投資活動に行くまでにダウンする可能性が高くなります。インフレであろうがデフレであろうが、ひたすら預貯金に徹することが将来の投資成果につながっていくと私は信じています。

●最初は誰もがただひたすらに預貯金に励んで(少なくても私はそうでした)、種金を作ってから自分の信じる道に投資していくべきだと思っています。投資の基本は預貯金から始まります。その預貯金活動を十分に経験した人たちだけが唯一投資活動に入っていけるのです。もちろん投資活動に行かなくても、その預貯金で自分の人生がまかなえるのであれば、それはそれで良いのです。絶対に投資しなくてはいけないことはありません。大事なことはインフレとかデフレとかではなく、自分の人生の基本は労働の対価として得た大事なお金を如何に自分の将来の人生に役立てていくか!その気持ちと過程が大事なのではないでしょうか?

●預貯金にインフレとかデフレがよくないなんてありえないのです。その人が人生の目的を持って預貯金をすることに何の制約もありません。誰からも文句を言われる筋合いもありません。なぜならば自分のお金だからです。流行の雑誌・書物や情報に惑わされることなく、自分を信じてやっていくことが大事なことだと思っています。

預貯金はインフレに弱い・・・
確かにそのとおりです。私も過去にいくらお金を貯めても20坪の家すら買えないという時代がありました。貯金する以上に物価(ここで言う不動産価格)が上昇していくのです。でも、辛抱して預貯金に励みました。さすがにインフレ状況下だけにお金の価値は下がりますが、入るほうの額面は増えますので表面上のお金はどんどんたまります。そのうちにデフレになって物価が上がらなくなり、いや逆に物価が下がり始めて、自分の預貯金の実質価値が徐々に上がっていきました。
そして最終的には、インフレ時に買いたいと思っていた不動産は当然のこと、それ以上の物件が手に入るような状況になっていったのです。(現実には不動産は購入していませんが・・・)

●要するに、私が言いたいことは、預貯金をしない、あるいはできない人は投資するにはほど遠いということです。「預貯金はインフレに弱い」と本気に言っている、あるいは思っている人は、基本的にお金をためることができない人か、投資金融商品を扱っている人たちの言葉でしかないのではないかと思っています。

すみません!少し書きすぎましたが、気持ちはわかっていただけたのではないでしょうか。

●私はかねてから30歳代のサラリーマンの人たちにはがんばってほしいという思い入れがあります。なぜなら、人生において30歳代で人生が決まるといっても過言ではないと考えているからです。経済面、仕事面等すべてにおいてです・・・。

●少し熱血的になってしまいましたが、半分くらいは信じていただいて、今後も預貯金にがんばっていただければ幸いと思います。そして、ある程度の資金ができた時点で、自分なりのアセット・アロケーション(資産配分)を考えて、投資活動を始めていけば良いと思います。それまでに投資性金融商品の勉強をしておくことも大事ですね。

●もちろん、資金が十分でないときに投資をしてはいけないと言っているのではありません。限りなく預貯金に近い安全な投資だってあるのです。また自己責任でやるのですから、自信があれば積極的に投資するのも人生です。ただ、安全性を考えると「投資の前に預貯金ありき! 」ということだと考えています。

●投資の世界に常識はありえません。つまり、自己責任ということです。常識が通用しないからこそ、相応の資金ができるまで預貯金に励むことが投資で成功する近道だと思っているのですが・・・。
いかがでしょうか?

FC2ブログランキング参加中!
下のバナーを一押しお願いします!!
                            ↓ ↓ ↓ ↓

スポンサーサイト

テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2006/01/27(金) 23:00:00|
  2. 貯蓄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

我が家における貯蓄の有利性!

~ 父との同居による恵まれた経済環境 ~

36歳で貯蓄1000万円突破しましたが
ここで我が家は貯蓄をするには非常に有利性があったことを書いておく必要があるかと思います。

まず、我が家だけでなく日本全般に預金利率が高かったことです。当時、定期預金で6%前後あり、これを半年複利で10年預けると年平均利回りが8%になり、満期時は元金の1.8倍になりました。100万円が10年で180万円。しかもマル優が適用できるので無税。今とは雲泥の違いです。いい時代だったと痛感しています。こんな時代を経験できた我々は非常に恵まれていると今更ながら感じている次第です。

次に我が家だけの有利性ですが、私の父と同居していたため、次の点で経済的に恵まれていました。

①父との同居生活のため家賃が不要で固定資産税のみ負担
②父が入れてくれる食費を含めると、家計全体でのスケールメリット大
③子供たちの、いわゆるよそ行きの洋服を父が買ってくれていた
④自家用車の半額を父が負担してくれた


次に父とは関係ありませんが、次の点で恵まれていました。

⑤妻の実家も近くのため帰省することが無いので、その費用がかからなかった
(これはかなり大きい)
⑥子供たちの教育費が安くついた
 ・3人とも小中学校では塾に行かず
 ・3人のうち2人が高校3年時に半年間予備校に行っただけですんだ
 ・3人とも国公立大学のため授業料が安かった


などで、貯蓄するには絶好の環境にありました。これらの好環境がなければ果たして早期退職できたかどうか・・・

ただし、良い面ばかりではなく、ここでは書きませんが、生活面で我々夫婦の負担もかなりあったことは事実です。もちろん、父にも金銭面以外での負担があったと思いますが・・・

要は持ちつ持たれつです。お互いに負担はあったと思いますが、それ以上に良い面の方が大きかったので、何の問題も無く生活できたのだと思います。

その父も今から8年前に他界しました。

FC2ブログランキング参加中!
下のバナーを一押しお願いします!!





テーマ:早期退職 - ジャンル:ライフ

  1. 2005/10/13(木) 23:00:00|
  2. 貯蓄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

40歳代のお金の使い方......

~ 絶対に避けたい! 死に金 ~

このブログを立ち上げて1ヶ月経ちました。ある程度、事前に準備していたので、今まではあまり休みも取らずに投稿してきましたが、これからはちょっと心配!

今までの記事を見ると、カテゴリー別でビフォー(40)の記事がゼロのままになっているのにふと気づきました。意図的にそうしたわけではないのですが、なぜか後回しになったようです。

40歳代は仕事が忙しくなり、子供たちの教育等も加わって多忙な年代となりました。その頃は、とにかく懸命に働いて、お金を効率的に使うことが将来の早期退職の近道だと思っていました。

会社の同僚で、若いときからお金に無頓着な人(わたしから見れば)がいました。ボーリングが流行ればすぐにマイボールを買って毎日のように通う。ゴルフが流行ればゴルフセットを揃え、それこそ毎週のようにゴルフ場に通う。そしてすぐにゴルフセットを上等なものに買い換える。車は無理して普通車の新車を購入する。ファミコンが流行れば即購入。機種が新しくなるごとに買換え、そのうちプレイステーションに乗り換える。ウォークマンはいちはやく買って何回か買い換えて、そのうち携帯TVに乗り換える。それで50歳代後半になっても年がら年中、金がない、金がないとぼやいている。今では、ゴルフもボーリングもファミコンも何一つ続いているものはない。それどころか、ずさんな食生活のために体調を崩して働くのがやっとの生活を送っている。こういう生き方も人生のひとつですから、本人が満足であればそれはそれでいいんですが・・・ 

まあこういう人は特別としても、死に金に使うのは避けたいですね。
何か欲しいと思っても少し待つ。待つ時間(期間)は買うものによって変わる。たとえば、テレビ。まだ使えるけど、世間では新しい機能の付いたものがあふれており、そろそろ買い換えたい。こんな場合はどうするか! 私なら3~6ヶ月待つ。それでもどうしても欲しいと思うのであれば買う。しかし、時が経てば欲しいと思う気持ちが薄れることが結構多い。そうなれば1年とか2年とか、あるいは壊れるまで待つことになる。一旦このような習慣がつくと後はしめたもの。その後の買い物は常に同じように回っていく。

一方、買いたいと思ったときにすぐ買ったとする。よく考えないで買うと、新製品が出る前のものをつかんだりして、すぐにまた新しいものが欲しくなる。元々すぐに買ってしまう性格の人であれば、絶対に買ってしまう。こうなると人が1台買い換えるまでに、自分は2台も3台も買い換えてしまうことになる。うなるほどお金があれば良いが、使えるお金はおのずから決まっている。そう考えると、これは死に金としか言いようがないのではないか・・・

40歳代は少しお金に余裕が出る時期だ。反面、住宅ローンや教育費などの支出も多い。つまり、お金の出入りが多くなり、その額も大きくなるので、お金というものに麻痺してしまって、意外と欲しいものは迷うことなく買ってしまう傾向がある。若い時はお金がないし、自分たちさえ我慢すれば誰も文句を言わないから使わないで済むことも多い。しかし40歳代になると子供たちからの要求も出る。お付き合いで必要なお金も多くなる。見栄もある。多少身入りも多くなっているので、何とかなるだろうという気持ちから、ついつい買ってしまう。

それはそれで仕方のないことだと思うが、死に金にならないように慎重に使うことが、40歳代で一番肝心なのではないかと思う。20~30歳代の死に金は取り戻せるが、40歳代の死に金は取り戻せない。要するに衝動買いを避けるということに徹すること。これが40歳代では肝心だ。

20~30歳代前半で 家庭の基礎 を築き、30歳代で お金の基礎 を築く。40歳代で 家庭を充実 させ、 お金を大きく して、50歳代前半でそれを 見極め て、55歳で リタイヤー する。

これからの時代、こんなにうまくいくとは思わないが、40歳代で大きくならなければ(出を制しなければ)60歳あるいはそれ以上まで現役でいなければならないことになる。

どんな人生が良いか? それは人それぞれだが、人生は一度だけ。後悔だけはしたくないですね。

FC2ブログランキング参加中!
下のバナーを一押しお願いします!!



  1. 2005/09/26(月) 23:00:00|
  2. 貯蓄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

貯蓄1000万円突破!!

~ 高金利とマル優制度のおかげ ~

ライフプランができる前は、目標も無ければ明確な目的もなく、
何かあったときのためやレジャー資金用として貯蓄をしていたように思います。

確か給料天引きで1万円、ボーナス天引きで5~10万円程度。
天引き以外はすべて妻一任。
給料袋は開封せずに手渡し。

------------------------------------------------------------------------

ライフプランができた後は、次のように変わりました。

●1ヶ月の必要な生活費を決めて、その分だけ渡す。
●残った分は天引き貯蓄。
●それでも残る残業手当等はタンス預金。金額がまとまれば銀行へ。
●手取りが生活費に満たなければタンス預金から補填
●タンス預金が無くなればもちろん貯蓄崩し。
●毎年の昇給時には生活費を見直す。
●貯蓄目標、年収の25%
●40歳直前の貯蓄残高目標1000万円

これを2、3年繰返すと、家計が計画的になり、無駄がなくなっていきました。

その結果、貯蓄目標230万(32歳)→1000万(40歳直前)に対し、
何と36歳で1000万達成、40歳直前には1300万円に到達。
もちろん借金ゼロ!

ちなみに対象にした金融商品は次の通り。
・社内預金(金利は抜群)  ・郵便定額貯金  ・財形貯蓄
・信託銀行のビッグ      ・株式

当時の高金利と利子非課税制度(マル優)が偉大でした。
・銀行預金300万  ・郵便貯金300万  ・国債300万
・サラリーマンの特権でマル特(財形貯蓄)500万、
計1400万円までは利子に対する税金はゼロ。
今から思えば夢見たいな時代でした。

1000万円を越えた夜は言うまでもなく、妻と二人、ビールで乾パーイ!

FC2ブログランキング参加中!
下のバナーを一押しお願いします!!


  1. 2005/09/09(金) 23:00:00|
  2. 貯蓄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

ワイキキ(1973/10)

フランク

Author:フランク
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2ブログランキング

一押しお願いします!!        ↓↓↓↓

FC2ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

バナーエリア

"もっと"簡単ショッピング Store-mix.com 商品無料仕入戦隊『電脳卸』 お得なポイント貯まる!ECナビ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

最新の記事

フリーエリア

アクセスランキング

無料ホームページ ブログ(blog)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。