フランクの ~早期退職~ ビフォー・アフター

・・・・・ライフプラン、ファイナンス活動により、「悠々自適」を目指す! ~早期退職を決行して「何とか自適」生活を送っているフランクの退職前・後のこまごました奮闘状況を書いて行きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

我が家のキャッシュフロー(その17)

~ 毎月のお金のやりくりの道標として ~

 我が家では、西暦2039年(妻が89歳)まで1年毎のキャッシュフローを表計算ソフトであるエクセルを使ってシミュレーションを行い、生涯の資産管理ツールとして利用しています。毎年末には、その年の決算を行った上で、翌年の予算を綿密に立ててキャッシュフローに反映させます。


 夫婦ともに生涯を終える2039年の経済状況は、すべての経費を支払った後に一定額の資産が残るように計画にしています。このお金、多いか少ないかは別として、非常事態に備えようとするものです。もし、使うことが無ければ、子供たちへのささやかなプレゼントとなります。つまり、公的年金・個人年金の収入が今後予定通り支給され、生活費も現状の考えどおりに推移していけば、我が家の資産は破綻することなく、安心して暮らしていけるということを示しています。


 総括的には、このキャッシュフローで経済的に問題が無いということは分かるのですが、現実的な問題として、毎月の生活費のやりくりを具体的にどうすれば良いのか・・・ということが見えないのであります。そこで、2039年までの毎月の生活費の収支が見えるような、更なる詳細なキャッシュフローを作成して活用しています。今では、このキャッシュフローが我が家のお金のやりくりの大切な道標になっています。


 以下、その具体的な方法です。

● 詳細なキャッシュフローのイメージ

 年月   年齢    収入                     支出    補填   口座残高
       夫 妻   公的年金  個人年金 収入合計   生活費  
              夫分 妻分
 '10/01  61 59
 '100/2  61 59
 '10/03  61 59
 '10/04  61 59
  ・
  ・
  ・
  ・
   ・
 '32/12  83 82
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
 ‘39/12   89


 [各項目の説明]
  年月 → 2010年1月から2039年12月までの毎月(360ヶ月分)
  年齢 → 夫83歳まで 妻89歳まで
  収入
    公的年金 → 夫の企業年金、夫婦の老齢基礎年金と老齢厚生年金
    個人年金 → 生命保険型、財形年金など5種類
    収入合計 → 公的年金+個人年金
  支出
    生活費 → 家屋補修費、車購入費を除くすべての費用(将来に亘ってほぼ一定金額)
            年一括払いの保険料や2年に1回の車検費用などは月平均に直して、
            毎月の支出として生活費に含め、別口座にプールしておく。
  補填 → (収入-支出)がマイナスとなり、口座残高がマイナスになる場合は、
         貯蓄を取り崩して補填する。
  口座残高 → 生活費専用の銀行口座
            公的年金・個人年金はこの口座に振り込まれます。
            この口座から妻の管理する日常の銀行口座や、
            一括払い分をプールする銀行口座に毎月振り込みます。


 以上、向こう30年間の毎月のお金の流れとなりますので、360行に亘るキャッシュフロー表となります。



 先月までは年金収入が少なく、口座残高が減り続けていましたので、貯蓄を取り崩して補填しておりました。しかし前回記事で書きましたように、その補填の必要なくなったということは、上記の補填欄が向こう30年間すべてゼロということであります。そして来年以降、個人年金・公的年金ともに更に増えて、収入が支出を上回ることになります。その結果として、2025年頃まで口座残高が増え続けます。その後、徐々に個人年金額が減り、口座残高も減少に転じ、2039年12月に残高がほぼゼロになっていきます。この間、口座残高がある金額以上になれば、定期預金や国公社債などに振り替えて利息を獲得していく予定です。



 更に付け加えますと、我が家で保有している毎月分配型投資信託10数本のうち、私が最も信頼している投資信託2本の分配金を毎月の収入に加えています。毎月分配型投資信託を保有する本来の目的は、年金収入だけでは心持たないので、その助けとして毎月分配金を得たいと考えていますので、10数本のうち2本程度の分配金を毎月収入に加えても良いだろうという考えからです。このような類のお金を当てにするのはあまり好ましくないとは思いますが、この投資信託2本の分配金のお陰で毎月適度に潤っているのだと考えると、まあいいか!と割り切って、逆に有難いと思うようにしています。


 とまあ、勝手に夫婦の寿命を決めて、こんな絵を描いているのですが、この先何が起こるかわかりません。

 お金だけでなく健康面も含めて、何とかうまくいくことを願っているのですが・・・。 

 さて、どうなりますことやら。





ポチっと一押し、ご協力を・・・
↓ ↓ ↓ ↓
↑ ↑ ↑ ↑
FC2ブログランキング参加中!
上のバナーを一押しお願いします!





スポンサーサイト

テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2010/03/08(月) 20:58:52|
  2. キャッシュフロー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

我が家のキャッシュフロー(その16)

~ 資産管理ソフトの改良 (キャッシュフローの精度向上) ~

 資産管理ソフトとは家計管理ソフトのデーターとリンクして、半年ごとの収支と残高を集計したファイルです。つまり、半年前の残高はいくらだったかとか、半年間に使った費用はいくらだったか、などについて費目ごとに集計したファイルであります。投資などの残高は、すべてそのときの時価残高を集計しています。

 これにより、収支・貯蓄残高・投資評価額(時価)および全資産の半年ごとの推移が分かります。また、毎日集計していますので、日々の資産変化をもグラフで確認できるようにしています。

 同時にこのソフトにはキャッシュフローを含めており、上記集計データーとリンクして、キャッシュフローの途中経過(予算に対して実績はどうなっているか、リアルタイムにチェックする)が常時確認できるようにしてあります。

[参照記事]
● 我が家のキャッシュフロー(その11)~ エクセルを使った資産管理ソフトの仕組み ~
● 我が家のキャッシュフロー(その12)~ エクセルを使ったキャッシュフロー ~

 今回は、このキャッシュフローを含む資産管理ソフトのしくみそのものを修正したということではなく、キャッシュフローの精度向上を図るために、下記のような点について改良を行いました。

①昨年明らかになった生涯の公的年金額から、それにかかる税金(所得税・地方税)を規定の税率から算出するようにした。(従来はおおよその暫定額)

②生涯の個人年金の税金を規定税率から算出するようにした。(従来は概算)

③前年の所得額によって決まる国民健康保険料を、実際の所得金額(公的年金と個人年金)から規定の保険料計算式に基づいて算出するようにした。(従来は概算)

 以上、主に税金や社会保険料に関しての見直し、つまり計算根拠を明確にすることにより、キャッシュフローの精度アップを図りました。

 具体的には、キャッシュフロー表の下部に確定申告の様式に沿った計算式をはめ込んで、1年ごとに模擬的に確定申告の手順どおりに計算を行い、その結果をキャッシュフローの該当項目の値として自動入力しています。当然のことながら、所得税率や地方税率、社会保険支払い規定などをテーブル化して登録し、そのテーブルから自動的に参照できるようにしています。これらは現在の規定に基づいて、西暦2034年まで計算し、キャッシュフローに織り込みました。これらキャッシュフローの精度向上の結果、今後のキャッシュフロー見直しが楽になるはずだと思っています。

 以上、前回と今回、2回に分けて我が家の管理ソフトの改良内容について紹介させていただきました。ちょっと分かりにくかったと思いますが、要するに入力の簡素化とキャッシュフローの精度を向上させたということであります。まだ、1ヶ月半しか使っておりませんが、現在のところ結構使い勝手が良いように感じています。



ポチっと一押し、ご協力を・・・
↓ ↓ ↓ ↓
↑ ↑ ↑ ↑
FC2ブログランキング参加中!
上のバナーを一押しお願いします!




テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2008/02/23(土) 19:03:20|
  2. キャッシュフロー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

我が家のキャッシュフロー(その15)

~ 家計管理ソフトの改良 (簡単で見やすく) ~

我が家ではエクセルを使った自作の家計管理ソフトと生涯キャッシュフローを含む資産管理ソフトで全体管理を行っています。

昨年から入力操作の簡素化と生涯キャッシュフローの精度向上を目的として、少しずつソフトを新しく構築して参りました。

両ソフトの仕組みについては、過去のブログで紹介させていただいておりますので、参照していただければと思います。

[参照記事]
● 我が家のキャッシュフロー(その10)~ エクセルを使った家計管理ソフトの仕組み ~
● 我が家のキャッシュフロー(その11)~ エクセルを使った資産管理ソフトの仕組み ~
● 我が家のキャッシュフロー(その12)~ エクセルを使ったキャッシュフロー ~

今回は家計管理ソフトについて、どう改良したかについて紹介したいと思います。

①年金(公的と個人)・外国債券利息・投資信託分配金の年間受取スケジュール表(受取予定金額、受取指定金融機関情報含む)を家計管理ソフトであるエクセルファイル内の別シートに組み込み、該当月入力シートへの自動転記入力機能を付加しました。
 ・従来、例えば投資信託の分配金を受け取るたびに、該当月の入力シートに日付、金額、税額等を入力していました。(入力頻度は、毎月10件以上)
 ・改善後は1年の分配金受取スケジュール表(予定金額および受取金融機関入力済み)を同ファイルの別シートに作り、該当月入力シートへの自動転記機能をつけました。もし、受け取る金額が予定と異なった場合は、簡単に修正できるようにしています。
 ・これにより、該当月の入力シートに設置したスイッチキーをクリックすることにより、分配金がどの金融機関に入金されたかを自動入力できるようになりました。
 ・また、このスケジュール表により、分配金受取に関する計画と実績のチェックがしやすくなりました。
 ・同様の仕組みで、公的年金・個人年金受給入力および外国債券利息入力の簡素化を図りました。

②医療費累計計算表の組み込み
 従来は、医療機関で治療を受けるたびに、該当月入力シートに入力していました。
改善後は、別シートに医療費記録表を作成し、年初から順に日付、医療機関名、治療内容、治療薬、費用を入力して、エクセルの自動集計機能により月別に集計して、該当月入力シートに設置したスイッチキーをクリックすることにより、月末に一括入力することにしました。
 この改良、あまり入力操作が簡素化したとは思えませんが、医療費記録表そのものを確定申告の様式に沿ったものとしたことにより、申告時の書類を新たに作成する必要がなくなりました。また、この表でピボット集計することにより、夫婦どちらが、いつ、どの医療機関に、どんな治療を受けて、その費用がいくらだったか、そしてその分類ごとの合計金額が瞬時に計算されるようにしています。確定申告する必要が無ければ、特にメリットはありませんが、治療分析には役に立つと思っています。もちろん、医療機関の領収書はきちんと保管してあります。

③毎月の生活費算出方法の改良
 毎月の給料日(我が家では25日)に、生活費として妻にお金を渡しています。この金額は、月ごとに異なります。従来は給料日の都度計算していましたが、基本生活計画(キャッシュフロー作成時に予算として計画した数値)に基づいて、今回あらかじめ月ごとに計算し、別シートに一覧表にしました。その一覧表データーから、該当月のデーターを自動的に選び出して、一つの表(給料明細みたいなもの)にまとめてアウトプットする機能をつけました。これにより、私が給料月を入力するだけ(2月であれば“2”と入力)で、その月の明細がシートに表示されるようになりました。あとは従来どおり、その明細をプリントアウトして、給料日の前日に妻に渡します。同時に、私が振り込み手配(主銀行→日常妻が使う銀行)を行います。妻はその明細を見て、翌日以降、支払いなど必要に応じて銀行で現金化していくという仕組みです。
 
今回は、以上3点について改良を行いました。

この中で、③が私にとって最も効果がありました。
固定資産税、国民年金料、生命・医療・介護保険料、火災・地震保険料、自動車税、自動車保険料などを年一括払いにしていますで、従来は毎月私が各々の支払い月をチェックしながら、その月の支払い項目を抽出して明細に入力していくという、ちょっとめんどうな操作をしていましたが、今後は特に頭を使うことなく、機械的な操作で毎月の明細表を作れるようになりました。

以上、文章説明だけでは分かりにくいと思いますが、要するに、従来に比べて操作を機械的に、そしてより見やすい形に仕上げた・・・ということです。

まだまだ改良点があると思われますが、ゆっくりやっていきたいと思っています。

次回、キャッシュフローを含む資産管理ソフトについて紹介させていただきます。



ポチっと一押し、ご協力を・・・
↓ ↓ ↓ ↓
↑ ↑ ↑ ↑
FC2ブログランキング参加中!
上のバナーを一押しお願いします!




テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2008/02/18(月) 22:28:43|
  2. キャッシュフロー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

我が家のキャッシュフロー(その14)

~ 退職後4年間の資産計画と実績について ~

キャッシュフロー2



● 我が家では、私が退職した年から私たち夫婦が生涯を終えるまでのキャッシュフローを作成し、

  資産残高予測値を時系列グラフにして管理しています。

  毎年、計画に対して結果がどうなったかをグラフ上にプロットして、

  翌年からの予算のためにキャッシュフローの見直しを行い、

  修正をかけながら資産管理を行っています。


● 2007年の1年間で減少するであろうと予測した資産額を100としますと、

  実際には56の減少額で済みました。

  実に40%以上も減少額を削減することができたことになります。

  ちなみに一昨年は、同予測を100とすると、実際には31という結果でした。

  いずれも、資産運用の成果(リターン率)は0.1%と極端に低く設定していますので、

  資産運用の成果がストレートに効いているというのが実感であります。

  その分、生活に余裕ができて、私の目標である「悠々自適」生活に、

  少しでも近づいていくはずであります。


● 2004年から2036年までの生涯キャッシュフローにおいて、

  退職直後に立てた予算(資産運用の成果を年率0.1%に設定した)に対して、

  実算値をプロットしたのが冒頭のグラフです。

   (退職直後の資産を100%、2036年の資産残高を0%としました)


● この実績、これからも続くのでしょうか? 

  投資の世界、一寸先は闇・・・。誰にも分かりません。

  でも、続かなければフランクのめざす「悠々自適」生活は実現できません。

  何とかこれからも、この4年間の実績から大きく外れることなく推移していくことを、

  切に願っている次第であります。



ポチっと一押し、ご協力を・・・
↓ ↓ ↓ ↓
↑ ↑ ↑ ↑
FC2ブログランキング参加中!
上のバナーを一押しお願いします!



テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2008/01/15(火) 19:35:02|
  2. キャッシュフロー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

60歳からのマネープラン

~ 意外に高い国民健康保険 ~

現在の私の固定収入は、55歳から支給されている個人年金H(64歳までの10年間)だけであります。60歳以降になりますと、前回記事の公的年金に加えて、新しく個人年金I、J(両方とも69歳までの10年間)、それに個人年金K(62歳から15年間)、そして個人年金L(63歳から10年間)が支給される予定となっています。
いずれも我が家のキャッシュフロー(退職後32年間の)に組込み済みであります。

キャッシュフローの更なる正確さを期すために、企業ではよく言われる中期計画(5年)みたいなものを60歳以降の5年間を対象に計画してみました。いわゆる5年間のマネープラン(予算計画)です。ちなみに退職時には55歳から60歳到達までの5年間の予算計画を立て、現在それを指針として生活しています。

計画した結果ですが、収入の面では公的年金が明確になったことで、正確な金額を置くことができました。そこで、今回は所得税と住民税および国民健康保険料を正確に計算してみました。その結果、結構高くつくことを改めて認識することとなりました。国民健康保険料は居住地ごとに定められていますが、我が居住地は結構高い部類に入る都市のようです。安いところに比べると2倍以上かかるみたいです。ちょっと驚きました。また平成19年度分からは国税から住民税へ移譲されることに伴い、所得税が減り住民税が約2倍に増えるとのことです。トータルの税金としては変わらない?ようですが・・・。

以上、収支ともかなり正確に計算することができ、当初計画していた我が家のキャッシュフローに対して、税金や社会保険料などの支出が多くなりましたが、前回の記事でありますように、企業年金分が幸いして、ちょっぴりゆとりができました。

付け加えますと、投資関連のリターン率は年1%で計算しています。今までの成果から考えると控えめな設定になっていますので、この面でも余裕があると思っています。あくまでも過去の投資成果ですから、あてにはできませんが・・・。

これらの結果を、我が家のキャッシュフロー(退職後32年間)に反映させていきます。



ポチっと一押し、ご協力を・・・
↓ ↓ ↓ ↓
↑ ↑ ↑ ↑
FC2ブログランキング参加中!
上のバナーを一押しお願いします!

テーマ:マネー - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2007/04/25(水) 19:53:01|
  2. キャッシュフロー
  3. | トラックバック:8
  4. | コメント:1
次のページ

プロフィール

ワイキキ(1973/10)

フランク

Author:フランク
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2ブログランキング

一押しお願いします!!        ↓↓↓↓

FC2ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

バナーエリア

"もっと"簡単ショッピング Store-mix.com 商品無料仕入戦隊『電脳卸』 お得なポイント貯まる!ECナビ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

最新の記事

フリーエリア

アクセスランキング

無料ホームページ ブログ(blog)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。